応用化学科創立100周年記念事業 祝賀会 (2017 年 10 月 7日)

2017年9月に創立100周年を迎えた応用化学科によって、その記念事業一つである記念祝賀会が、10月7日(土)に約300名の参加者を迎えて開催されました。

学科主任松方正彦教授 開会の辞

前日からの雨もすっかりあがり、美しい秋の夕暮れが窓に広がるリーガロイヤルホテル東京の3階ロイヤルホールを会場とし、18時「早稲田の栄光」の生演奏と共に祝賀会は始まりました。

司会の和田宏明教授(新制29回)の紹介で、まず学科主任松方正彦教授(新制34回)から参加の方々への謝辞と開会の辞があり、応用化学科100周年の経緯について説明がありました。続いて応用化学科100周年記念事業実行委員長の西出宏之教授(新制20回)より100周年記念事業の全体概要について説明が行われました。

日本化学会会長山本尚先生、化学工学会副会長阿尻雅文先生、慶応義塾大学理工学部応用化学科主任教授藤本啓二先生、早稲田大学先進理工学部化学・生命化学科主任教授石原浩二先生、早稲田大学名誉教授宇佐美昭次先生(新制5回)、同理工学術院長竹内淳先生、早稲田応用化学会三浦千太郎会長(新制21回)の順で、感動的なご祝辞の数々があり、そして早稲田大学副総長橋本周司先生の乾杯のご発声により、祝宴がスタート致しました。

歓談の中で、今回の事業に際し多くの方々より多額の寄付があったことについて学課より報告と謝意の表明があり、100周年を記念して計画された事業に有効に使いたいという説明がありました。主な記念事業としては、記念展示会の開催、目録の刊行、祝賀会開催補助、キャンパスツアーおよび学生向け講演会開催支援、手紙や葉書等の通信費、ホームページ特設や掲示用写真類の印刷などの事業運営費、100周年記念誌の発行(来春予定)、今に残る貴重な卒業アルバムや写真類のデジタルアーカイブ化処理など進められています。

名誉教授の先生方

会場に用意された画面では、今回の祝賀会を機に発掘された応用化学科の創立期の写真や建物の変遷、卒業生情報などの紹介され、またロイヤルホール両端には貴重な卒業アルバムや過去の資料や写真の展示がありました。さらには中央図書館で開催中の記念展示会「江戸後期、知の探究者たちが切り拓いた世界」についての解説もありました。

ここで参列いただいた名誉教授の先生方(写真右から豊倉賢先生(新制7回)、宇佐美昭次先生(新制5回)、竜田邦明先生、酒井清孝先生(新制15回)、逢坂哲彌先生(新制19回))の紹介が松方教授よりが行われました。また残念ながら出席の出来なかった名誉教授加藤忠蔵先生からの祝電、並びに早稲田応用化学会元会長、日本パーカライジング株式会社里見多一会長よりの祝電とお花の披露がありました。そして全員揃っての写真撮影を致しました。

式典の冒頭から校歌に至るまで演奏を担当したのは、創立105年の伝統を誇る早稲田大学交響楽団の服部祐依さん、白井敏さん、竹本成輝さん、成清是露さんで、特別演奏としてモーツアルト作曲フルート4重奏曲を演奏していただきました。格調高く素晴らしい演奏で、聞く者の心を和ませてくれました。

早稲田大学交響楽団

20時を迎え、実行委員長西出宏之教授より中締めの挨拶がありました。そして早稲田大学応援部のリードにより応援歌「紺碧の空」に続き「早稲田大学校歌」を斉唱し、応用化学科への熱い思いを胸に一同散会となりました。

西出教授による中締め と 早稲田大学応援部「紺碧の空」「早稲田大学校歌」

応化100周年祝賀会 受付・控室   応化100周年祝賀会 会場

なお、本記念祝賀会の様子、また記念キャンパスツアー、記念展示会、学生向け講演会などの様子も含め開催したイベントは応用化学科のホームページに写真と共に詳細な報告を掲載をし、さらに2018年春頃には100年記念誌の発行を行う予定と聞いています。
応用化学科のホームページが完成した折には、この応用化学会のページからリンクを張る予定です。

(文責:広報委員会)