未分類」カテゴリーアーカイブ

2023年度学位授与式 濱会長 祝辞

濱  逸夫

 

現在、応用化学会の会長を仰せつかっております濱と申します。

 先ずは皆さん、本日は本当におめでとうございます。この何年かはコロナに翻弄された生活であったと思いますが、その中でも皆さんにとって、様々な先生方や先輩、そして友人たちとの新たな出会いがあり、充実した時間であったと思います。多くの新たな経験の中で、紋々とした時間もあったかと思いますが、全てが皆さんの財産として蓄積されています。

 そして、今日を起点に更に皆さんの新たなキャリアが始まります。これからの人生を本当に有意義な、楽しいものに出来る大きなポテンシャルが、皆さん全員にあります。

とは言っても、未だ自分のやりたいことや自分の人生をかけてチャレンジしたいことが見えていない人いるかもしれません。ただ焦ることは全くありません。若い皆さんには、新たなキャリアにチャレンジする多くの時間があります。

 私も応用化学科を卒業後、企業の研究部門に所属し、様々な技術開発に関わりました。その後、事業部門に移り、後年は、社長、会長という企業経営に携わった経験の中で、「何かに成功する人は、異なるキャリアにシフトしても必ず成果を出す」ことに遭遇し、何度も驚かされました。研究でも1つ大変優れた研究や発見をした人は、異なる研究や技術開発でも、必ず成果に繋げます。

 何故なんだろう?何度となく、考える機会がありました。

人生は運と努力、そして運が七割だという人もいますが、先ほどお話ししたような何度も成功体験を勝ち取れる人に共通しているものは、単なる運ではなく、

『自分の頭で考え、自ら行動に移せる能力が高いかどうか』

その能力の大小が人生の結果を大きく左右するのではないかと思います。

世の中で当たり前と思われていることを、敢えて異なる視座から捉えて、今までとは全く異なる結論を導き出す。これはイノベーションの原点かもしれません。そして、一度上手く行くと益々面白くなって、自分で考え、自分で動くことを繰り返すのが当たり前になるのではないかと思います。

 これまでの学生生活は、進むべき道がある程度描かれていて、その道を進むことに努力をしてきたと思います。ただこれからの人生に重要なのは、自分で道を見つけ、あるいは自分で道を作っていくことです。

 常にその道が皆さんの人生を充実した、面白いものにするのか、あるいは人の為になっているのかを、自分でデザインし、チャレンジを繰り返して行かねばなりません。

常にポジティブに物事を捉えて、前に進む。そして壁にぶつかった時は、一人で悩まず、心を開いて話をする。気軽にそんな話をできる仲間を如何に多く作るかも、これからの人生にとって大変重要です。

皆さんには、多様な視座をもって物事を見る、そして自ら考え、仕掛ける能力を身につけて、研究の世界でも、ビジネスの世界でも、是非グローバルで活躍できる人材になってほしいと思います。

SNSの時代、そして生成AIの時代、益々国境がなくなり、また変化のスピードが凄まじいものになります。そんな時代では、様々な情報が全て真実のような形で、あっという間に共有でき、手に入ります。ただそれは自分自身の意見や考えではなく、不特定多数の人達の情報や意見であることを忘れないでほしいと思います。得られた情報や考え方が真実であるかどうかも分かりません。

人生の主役はあくまでも自分。どんなに簡単に様々な情報が共有できる時代になっても、常に自分の頭で考え、自ら行動することを忘れずに、挑戦を続けてほしいと思います。

“何事にもおもしろいと思ってチャレンジすること”、そして

“心を震わせ多くの感動を感じること”そしてどんなに成功しても

“常に人への感謝を忘れないこと”

これを忘れずに、皆さんの持っている無限のポテンシャルを大きく花開かせてください。

 ここにいる皆さんから、世界で憧れられるような素晴らしい人材が数多く誕生することを期待して、私からのお祝いのメッセージにしたいと思います。

本日は本当におめでとうございました。

 

                             以上

本文へ戻る 

2023年度学科・専攻主任 下嶋教授 祝辞

ご卒業、修了される皆さん、おめでとうございます。この素晴らしい日を迎えることができたのは、皆さんが勉学や研究に励んだ結果ではありますが、それも保護者の方々をはじめ周囲の方々の支えがあってのことと思います。本日ご列席されているご関係の皆さま方にも、心よりお祝い申し上げます。
学部を卒業される皆さんは入学早々、また修士過程を修了される皆さんは演習配属前の大事な時期にコロナ禍に直面し大変苦労されましたが、長いトンネルを抜けて最後の1年間はほとんど制限なく大学生活を過ごすことができたのは大変良かったと思います。
卒業論文を終えて、これから修士課程に進学される皆さんは、これまでよりも高いレベルの研究が求められます。学会発表や論文発表も積極的に行っていただき、専門的知識を深めるだけでなく、プレゼンテーション能力や論理的に考える力なども高めて、大きく成長してください。これまではあまり研究を楽しむ余裕がなかったかもしれませんが、今後は自由な発想で主体的に研究を行い、失敗してもそれを糧に飛躍されることを願っています。
これから社会に出る皆さんは、大学で学んだ知識や経験を活かして大いに活躍していただきたいと思います。これまでの研究と直接関連する業務に携わることは少ないかもしれませんが、必要なのは課題に向き合う姿勢やそれを解決するための考え方ですので、自信をもって取り組んでください。特に現在、私達人類が直面している環境、エネルギー問題などの解決には応用化学が大いに貢献できるところで、皆さんに対する社会からの期待は高いです。そのことを意識して、使命感を持って進んでください。
皆さんも認識されているように、いま社会・世界は急速に変化しており、将来がなかなか見通せない状況です。皆さんには、このような時代でもたくましく生き抜き、世界を舞台に活躍していただきたいと思います。そのためには現状維持で満足することなく、変化を積極的に受け入れ、また先入観を取り払い常に新しいことに挑戦する姿勢が大事です。多くの困難や挫折が待ち受けているかもしれませんが、皆さんには乗り越える力が備わっていますので、恐れず突き進んでください。また、皆さんがどんなに優秀で努力しても、一人の力で成し遂げられることは限られていますので、さまざまな分野の人たちと積極的にコミュニケーションをとって巻き込み、その中でリーダーシップを発揮することも重要です。応化の同期の人たちをはじめ先輩後輩とのつながりもきっと力になるときが来ます。大学時代の数年間をともに過ごし、ともに切磋琢磨し、なによりコロナ禍という大きな困難を乗り越えたその絆は特別なものですので、一生大切にしていただきたいと思います。
本日卒業・修了される皆さんに、あらためてお祝いを申し上げます。応化で学んだことや経験を活かしてそれぞれの進路で活躍されることを祈念して、祝辞とさせていただきます。

本文へ戻る 

応用化学会橋本副会長の祝辞

橋本副会長の祝辞

本日応用化学専攻褒賞・奨学金を授与された皆様、誠におめでとうございます。このように授与される褒賞・奨学金は、個々の先輩諸氏や高い志による財団からの寄付によって成り立っています。どうか受賞された皆様は、こうした先輩や財団の思いをしっかりと受け止め、その期待実現に向けて大きく飛躍前進されることを心より期待いたします。

皆様もやがて社会に出て活躍されることとなると思います。大学や研究機関で研究を続ける場合には博士であることは当然大事です。ただ企業に勤める場合、私の時代には博士になると狭い領域の専門家になって企業では使いにくいと言われることがありました。その時代は現状の企業の操業を広くよく理解して継続的な効率の改善を追求することが競争力の源泉だったからです。しかし、ISOをはじめ各種のManagement Systemが適用されるようになってより、継続的改善が組織的に広く行われるようになりました。その結果、日本型のボトムアップの効率改善だけでは競争力の維持は難しくなっております。むしろ近年の企業の競争力は、次元の違うステップにジャンプアップする技術の力に移っていると思えます。

一方、従来は博士というと狭い領域だけの専門家というイメージがありましたが、それは正しくありません。博士になるには自分自身の専門領域だけではなく、関連する研究領域全体の展望が必要になります。その領域の展望を自分なりの総説(Review Article)として更新し続け、経営資源を投入すべき領域を的確に議論できる博士レベルの人材は企業にとっても極めて重要になっています。

私は海外の企業で2年と1年の計3年仕事をした経験がありますが、海外においては博士に対する期待や要求、そして待遇は当時においても日本に比べて格段に大きく高いものがありました。例えば競合他社が新技術を発表した場合、関連する博士を中心として検討対策会議が開かれます。博士たちは自分の専門性に加えて、その技術領域の総説的な展望にも基づいて、現実的で有効な競争力維持の対抗策が議論できるからです。

特に日本ではこれから少子化の問題が顕在化してくると思われます。今すぐ少子化対策に取り組んだとしても一定期間少子化により日本が創出できる価値の総量は相対的に低いレベルになる懸念が有ります。そうした中で日本において個々の人が単なる効率化を超えてより高く大きい価値を創出することへの要請は非常に大きく、現実的な課題でもあります。皆さんのこれからの活躍に大いに期待しております。本日は誠におめでとうございました。

戻る